ゼクシィ縁結びカウンター(結婚相談所)業界破壊の成婚率と料金

カップル

男性の為のネット婚活で結婚する方法▶

婚活し結婚したい女性の5つのステップ▶

初期費用も成婚料も0円▶

あのリクルートが運営するゼクシィ結婚相談所ゼクシィ縁結びカウンターが今年のオープンから業界を驚かせている。なんと8割もの人入会してから1ヶ月以内に自分にマッチングした相手と出会えているという驚きの成婚率が口コミなど評判となっています。

そして結婚相談所業界の常識を破壊した料金プラン入会金3万円の月会費9千円~成婚料など一切不要。この料金プランは結婚相談所業界の標準的な料金のなんと3割以下という婚活業界驚きの料金プランです。なぜ、そのようなことが出来るのだろうか今日は、その理由に迫ってみたいと思います。

 

ゼクシィ縁結びカウンターの成婚率

 

ゼクシィ縁結びカウンターはその名の通りゼクシィ結婚相談所であの超~大手企業のリクルートが運営しています。そのゼクシィは結婚業界では一人勝ち!!と言っても誰もが認める事実であると言えます。そのゼクシィが業界最高レベルのノウハウを持って婚活業界に参入して来たのですから普通とは異なります。

 

ネームバリュー

 

今や既婚や未婚を問わずリクルートゼクシィを知らない、そんな名前は聞いたこともないと言う人はいないかと思います。特に結婚のゼクシィ婚活ゼクシィに参入すれば誰もが注目すること必然ですよね。そのネームバリューで優良な婚活男性と婚活女性が集まることも必然と言えるのです。

 

マッチングコーディネーター

 

結婚したい女性の為のマニュアル▶

婚活で女性にモテる男になるマニュアル▶

1ヶ月で80%が出会う▶

ゼクシィ縁結びカウンターの驚異的な成婚率はネームバリューの他にマッチングコーディネーターという存在があります。それこそ業界最高レベルのノウハウを持ち明るい開放的な個室で婚活男性や婚活女性の理想の婚活や理想の結婚に対する相談にのりその人にマッチングした相手をコーディネートします。このマッチングコーディネーターという存在が8割もの人入会から1ヶ月以内に出会える、そんな驚異的な成婚率を成し遂げていると言っても決して過言では御座いません。

 

ゼクシィ縁結びカウンターの料金

 

ゼクシィ縁結びカウンター料金プランは今までの業界の価格を破壊したと言って良いでしょう。結婚相談所は高額な婚活というそんなイメージが昔からありました。結婚相談所の相場といえば
※入会金は10万円以上
※月会費は数万円以上
※成婚料は数万円~10万円以上
結婚相談所業界の価格を破壊したゼクシィ縁結びカウンターの場合は
※入会金3万円
※月会費9千円~
※成婚料は一切不要
という業界の標準的な価格の3割以下という安心の料金プランです。

これもゼクシィというかリクルートならではの資金力なのでしょうか。いずれにしても私たち消費者としては婚活男性や婚活女性としては最高の成婚率と最安の料金プランは嬉しい限りです。この料金プランで結婚相談所が利用できるなら費用対効果やコストパフォーマンスを考えた時に入会してから1ヶ月以内に素敵な人と出会えれば入会金3万円と月会費9千円だけで運命の人と結婚。

ゼクシィ縁結びカウンター結婚相談所)以外で婚活をする理由が全く見つかりませんよね(笑)あなたも、1ヶ月以内に運命の人と出会いたいなら

本気で結婚したい人だけ▶

理想の男性と出会い結婚するプログラム▶

理想の女性と出会い結婚するプログラム▶

◆本当にあった婚活秘話◆
<アラサーが結婚できた秘密話>
本人:昨日プロポーズされたんだ
友達:え?彼氏いなかったよね?
本人:3ヶ月くらい前に彼氏がね
友達:そうなの?どんな人なの?
本人:年下で公務員なんだけどね
友達:マジ?何処で出会ったの?
本人:実はね・・・続きを見る▶

<オタクが結婚できた奇跡の話>
本人:結婚することになりました
上司:本当?君って彼女いたの?
本人:人生で初めての彼女でして
上司:そうなんだ~おめでとう~
本人:恥ずかしいけど嬉しいです
上司:でもオタクの君が何処で?
本人:それが・・・続きを見る▶

<万年モテない人が結婚した話>
友達①:聞いた?あの人の結婚話
友達②:聞いた聞いた~ビックリ
友達①:結婚した理由知ってる?
友達②:なに?何か知ってるの?
友達①:絶対に誰にも言わない?
友達②:絶対に言わない教えて!
友達①:実は・・・続きを見る▶

確実に結婚したいなら結婚相談所です。
下記4社が結婚相談所の四天王ですが、
安い費用で実績があって大人気なのは、
やはりゼクシィ縁結びカウンターです。
あなたは何処で婚活して結婚しますか?

ゼクシィ縁結びカウンター 結婚情報 恋愛傾向チェック 穴場2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る